カードローンの総量規制

即日キャッシングの利用をする場合に最初の壁となるのが総量規制ですが、これは法律が改正されたことで施行が始まった比較的新しい法律で年収の3分の1を超えてお金の借り入れをすることができないという決まりです。

 

そのため、300万円の年収のサラリーマンが即日キャッシングで利用することができる上限金額は100万円までとなりますが、他の金融機関から借りている場合はそれも合算されることになるので他の金融機関から100万円別で借りている場合は60万円程度の借り入れになります。

 

このようなルールが生まれたおかげで必要以上に借金をする人が少なくなって多重債務や債務整理になる人が少なくなったというプラスの側面もあるのですが、一方即日キャッシングでまとまったお金を借りたい人にとっては厳しい状況にもなりました。

 

もちろん総量規制の範囲を超えてお金を借りても返済することができる人はたくさんいるわけなので、その人にとっては少々ルールとしては厳しいように感じるかもしれませんが、これまでの歴史を見ると借金に苦しんできた人はたくさんいるのでこのような規制は必要なことでもあります。

 

ちなみに銀行でお金を借りる場合については総量規制の対象範囲外になるので場合によっては年収の3分の1を超えてお金を借りることができる場合もありますが、もともと審査が厳しい金融機関ということもあって総量規制を超えて即日キャッシングを利用できる可能性はかなり低くなっています。